FC2ブログ
人生はいつ見ても波乱万丈。「東大ダイレクト」塾長にして文理開成高校理事長の四方山話。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
昨日の我に今日は勝つべし
2014-10-29 Wed 14:18
私が最も尊敬し、最も身近な経営者に楽天を創業し、発展を続ける三木谷浩史さんがいます。

先日、その三木谷さんから最新の自著「楽天流」という本を頂戴しました。

常識を打破し、既存のルールを書き換えることが今の社会では必要であり、それこそ劇的な成功につながる、ということを様々な経験と視座に基づいて書いておられる本です。

全てのページから三木谷さんの熱い想いが迸り、読む側のテンションも上がる本でした。

そのなかで、幾つか強く印象に残る記述があったので、これから少しづつ紹介していきたいと思います。

今回は、「昨日の我に今日は勝つべし」。

これは、江戸時代の剣士が書いた剣術指南書に書かれた一文で、三木谷さんが知人から聞いたものだそうです。

三木谷さん曰く、「この一文は、改善の考え方を美しく表現している。一晩で偉大な人物に成長するのではなく、毎日少しずつ良くなっていこうとするのが改善であり、そのような改善の積み重ねが成功への道を開くのだ。」

三木谷さんは数字を使って分かりやすく、説得力ある記述もされています。

「誰かに「一晩で天才になってくれ」と言うのはまったくナンセンスな話だ。しかし、誰かに「毎日少しずつ改善してください」と言ったとしよう。1年後、どんな結果が得られるだろうか。10年後、そして全キャリアを通じて毎日、改善の習慣をつづけたとしたら、改善をしなかったときと比べて、圧倒的に大きな差がつくはずだ。
 数字に置き換えればよくわかる。毎日1パーセントの改善を1年間つづけると、パフォーマンスは1.01倍を365乗した値まで向上する。その答えは、37.78だ。毎日、たった1パーセントの改善を1年か続けるだけで、パフォーマンスがスタート地点の37倍を超えるのだ。」

毎日1パーセントだけ昨日の自分に勝つ日々を1年間過ごすと、なんと40倍近い成長が得られるという数字には、驚くほかありません。

三木谷さんは、こう言います。

『「常に改善、常に前進」、このコンセプトを実践すれば、平凡な人でも非凡な人になれる。ただし、僕の言う非凡な人とは、「ひらめき」によってすばらしい考えや、それを実現する方法が魔法のように頭の中に浮かんでくる人物のことではない。(中略)普通の人も、決断力を身につけ、十分に集中し、改善をつづけていけば、非凡な人になれるのだ。』

と。

これは、一度きりの人生、自分がどこまで成長できるのか、やれるだけやってみたいと思う人にとって、素晴らしいエールになると思います。

私も、改めて「昨日の自分に今日、勝つ」毎日を過ごしていこうと意を強くしました。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
人気TVドラマ 「GTO」
2014-07-11 Fri 20:55
実は、この数カ月間、私が理事長を務める文理開成高校(千葉県鴨川市)では、ものすごいお客様が連日大勢来られてました。名前を挙げると、「黒木瞳さん」、「AKIRAさん(EXILE)」、「比嘉愛美さん」、等々の有名な女優さんや俳優さんたち。そして、ドラマの撮影スタッフたち。。。

そうなんです。先週の火曜日からスタートした学園TVドラマ「GTO」の撮影のメインロケ地として当校が選ばれたというわけです。

大勢の撮影関係者を受け入れる決断をした校長先生を始めとする当校の現場の英断と苦労には本当に頭が下がる思いです。もう筆舌し難いくらいの苦労があったと思いますが、よく決断し、がんばってくれていると思います。

で、今週、ワクワクしながら第1回の放送を見たのですが、当然のことですが、舞台となっている見慣れた景色の連続で、本当に不思議な感じでした。。。

いつもは古臭くて、どちらかと言うと汚れた感じの校舎の壁も、TVに映ると、なかなか「味」のある壁になっていました。。

ちょっぴり自分の学校を見直した次第です。

TVドラマ「GTO」の高視聴率と共に、文理開成高校の人気もうなぎ上りになるように、気合を入れていきます!

よろしくお願いします!

「GHB!」
Great High School Bunri-Kaisei!
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
なぜ東大を目指すのか?
2014-06-11 Wed 15:33
私が理事長を務める千葉県鴨川市の文理開成高校には、現役東大生のボランティアたちが毎週生徒たちの勉強を見てくれています。

その関係で、私も彼らとよく雑談するのですが、先日、こういう話をしてくれた東大生がいました。

「生徒たちから、どうして東大を選んだの?って質問されることが多いんですが、正直、答えに困るんですよね」

「え、どういうこと?」と私。

「ま、分かりません、とストレートに答えるのも何なんで、「官僚になって国の舵取りをしていきたいと考えたから」とか「司法試験に合格して裁判官として社会に貢献したいから」とか、それを答えたらあまりにも当たり前過ぎて、もうそれ以上突っ込まれないだろうというような返事はするんですけど、それが本心かと言うとそうではないように思うんですよ。」

「ふーん」

たいていの東大生は「受験エリート」です。ほぼ全ての質問や問いに対して、相手が期待するであろう回答を見つける能力については天下一品。こんな受け答えは、ま、朝飯前だろうと思います。
(しかし、既に「霞が関文章」の臭いがプンプンしますね。。。)

私は彼の最後のコメントがどうしても引っかかったので、突っ込むことにしました。

「じゃ、本心ってなに?東大を選んだホントの理由って?」

「いや、これ、マジ情けないことかもしれないんで生徒たちには言えないんですけど、ホントの理由ってのは、「選択をしなくて済む大学だから」ってことなんだと思うんですよ。

ほら、他の大学に入学すると、就職なんか、最初から諦めなきゃいけないことが出てくるじゃないですか。たとえば、私立大学に行けば、やっぱり、「霞が関」を目指す場合は、東大卒に比べれば、ハンディになる可能性が出てくるので、官僚はムリだろうとか。。。」

「・・・・」

「でも、東大を卒業すれば、基本的にどこの会社や組織に入社するにしても、ハンディになることはないですよね。

幸い幼少から勉強はできたし、東大を目指せる高校にもいたので、じゃ東大を目指すか!みたいな感じですかね。」

「・・・・」

「やっぱり、こんな回答をしたら、相手はかなりドン引きするだろうな、と思うから、なかなかホンネは言えないんですよね。。」

彼が言っていることは、

将来、社会人としてどんな仕事に就くか?

どのように社会に貢献したいのか?

どのように稼ぎたいのか?

自分は何に向いているのか?

自分は何が好きで、何が嫌いなのか?

自分は何が得意で、何が苦手なのか?

こういった大切な質問と真正面から向き合うことを避けるための選択肢としての東大合格だ、ということです。

最後にその東大生はこういうコメントを残してくれました。

「でも、こういう理由で東大を選択した東大生って、僕だけじゃなくて、結構多いと思いますよ。絶対に半分以上はそうなんじゃないかな。」

私にとっては、わが国の高校教育に奉職する身として、東大を頂点とする受験ヒエラルキーから一日も早く抜け出さないとマズイことになる、と改めて痛感した出来事でした。

私は彼にこうきっぱりと言いました。

「生徒には、君のその本当の理由を答えてやってほしい。そして、その本当の理由について君が「情けないかも」と感じていることも正直にそのまま伝えてあげてほしい。生徒に「ヨソ行き」の回答だけはしないでほしい。ありのままの君を素直にさらしてくれればそれでいいよ。生徒はそこから何かを感じるはずだから。」

教育の現場はやっぱり楽しいです!
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
映画「アナと雪の女王」
2014-06-05 Thu 18:12
先日、ロングラン大ヒット中のディズニー映画「アナと雪の女王(原題:Frozen)」を観に映画館に行きました。

大ヒットしている歌も素晴らしいですが、ストーリーが(主として子ども向けに)ヒットする基本中の基本をしっかり押さえている点で、ある意味、ディズニーらしい、「王道」を行く映画だと感じました。

その「基本中の基本」とは何か、ということですが、日本語で言うところの「起・承・転・結」ということでしょうか。

せっかくの米国映画なので、あちら風にアレンジしてみると、

1.Initiation(イニシエーション:別れ、旅立ち)
2.Hardships(苦難)
3.Growth(成長)
4.Return(帰還)

という感じですかね。

この4つのステップが教科書通りにキッチリと踏まれていたのが、「アナと雪の女王」でした。

その上で、ステキな音楽、緻密なアニメーション、そして、ディズニーお得意のfunnyな「物の怪(今回は雪だるま)」が加わり、全体の展開を盛り上げる構図ですね。

大ヒットも当然の帰結かと思います。

ちなみに、上で紹介した「4つのステップ」ですが、主として子供向けに大ヒットした映画では、ほぼ100%近く使われている手法だと思いますので、興味のある方はぜひとも検証してみてください。
スターウォーズや指輪物語なんかは、完璧に当てはまると思いますが、どうでしょうか?

映画のオフィシャル紹介動画
「アナと雪の女王」

「Let It Go(松たか子)」

Let It Go (by Idina Menzel)
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
最近の高校生の国語力
2014-05-22 Thu 21:11
最近の高校生を見ると、本当に読書量が少ないのに驚きます。

読書しないとどうなるか?

語彙が増えない。

自分の感情や気持ちを上手に言葉に出すことができない。

だから周囲の人たちに伝わらない。

本人はそれがまだるっこしい。

イライラする。

だからキレる。

キレても、言葉が見つからないから、安易に腕力に頼ることになる。

完全な悪循環ですね。

私が理事長を務める高校では、今学期から毎朝の読書会を始めました。

少しずつでも、語彙力とイマジネーションを鍛えてほしいと願っています。

しかし、どう考えても、高校生以下の子どもたちには、スマホゲームは有害でしかないと思うのですが。。。

ゲームするくらいなら、良書を読んでもらいたいと思うのは、私だけでしょうか?
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 「東大ダイレクト」塾長の「愉しき人生山アリ谷アリ」 | NEXT

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。