FC2ブログ
人生はいつ見ても波乱万丈。「東大ダイレクト」塾長にして文理開成高校理事長の四方山話。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
東大ダイレクトのネーミングについて
2012-11-12 Mon 17:33
「東大ダイレクト」というネーミングについて、時々質問を受けることがあります。

なかでも

「「東大ダイレクト」って、東大受験を狙う生徒を対象にしているんですよね?」

という質問が一番多いです。

そういうとき、私は、きっぱりと

「いいえ、違います。東大ダイレクトとは、東大生と生徒たちを直接結びつけるという意味で名づけただけです」

と否定します。


頭脳だけでなく、人間的にも立派な資質を備えた東大生のみを厳選し、そういった東大生と子供たちを結びつけることができれば、子供たちに一つのロールモデルを提示することができ、励みにもなるだろうと考えたから名づけました。

特に海外で頑張っている日本の子供たちに、単なる受験勉強のテクニックではなく、勉強の本質を披露し、現地校の勉強にも資するようなレベルの高い関わりを可能にするのが「東大ダイレクト」の強みです。

そして、勉強だけではなく、子供たちが抱える様々な悩みや思いを傾聴し、相談に乗り、必要があればアドバイスも行うことで、子供たちを励まし、勇気付けているのが「東大ダイレクト」です。

私が幼少の頃、オーストリアの現地校に通学しながら、日本語の勉強を一人で抱えていたときに感じていた悩みや思い、「東大ダイレクト」は、当時の私の思いがたくさん込められています。

もっともっと多くの人たちに「東大ダイレクト」を知ってもらい、もっともっとたくさんの子供たちの可能性を広げたい、その思いは強くなるばかりです。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 「東大ダイレクト」塾長の「愉しき人生山アリ谷アリ」 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。