FC2ブログ
人生はいつ見ても波乱万丈。「東大ダイレクト」塾長にして文理開成高校理事長の四方山話。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
人生は一度きり
2013-02-16 Sat 17:23
東大ダイレクトでは、現在、15名程度の現役東大生が生徒たちの「頼れるお兄さん、お姉さん」として学習を指導するだけでなく、相談相手になったり、愚痴を聞いてあげたりしています。

おかげさまで、このところ、生徒さんの数も問い合わせも増えてきました。

そんななか、人気チューターとして活躍している東大2年生のK君との他愛もない世間話の最中のことでした。

「もうすぐ、3年生だね。駒場キャンパス(教養学部)から本郷キャンパスに通うことになるね。どう、少しワクワクする?」
と私。

「結構、ワクワクしてますね。何といっても、高校のときから憧れていた東大の物理学部ですから。
優秀な教授陣や先輩たちに囲まれて、自分も更に成長できるんじゃないかと思うと、ホントに興奮しますよ。」

そうなんです。K君は高校生の頃から、東大の物理で勉強することが夢であり、目標であり、それを達成するために東大に合格したのでした。

「そうなんだ。それは興奮するね。」

「でも、最近、高校生の頃の夢と目標が実現できることになって、また新しい目標ができたんです!」

「え、そうなんだ。それはすごいね。ちなみに、その新しい目標って何?」

「実は、東大の物理学科で認められて、英国のケンブリッジ大学に留学し、そこで物理学を極めることです」

なんと、彼はあのニュートンを輩出した物理学の本場とも言える英国での研究を志しているのです。

すっかり感嘆した私は思わず尋ねました。

「君をそうやって新しい目標、新しい夢へと駆り立てるのは何?」

「鈴木先輩、それは極めてシンプルなこと、言い古されたことですよ」

「え。。」

「ほら、よく言うじゃないですか。

人生は一度きり。

自分の可能性を信じ、やりたいことを思い切りやれ。

ってね」

私は、すっかり「お株」を奪われてしまいました。

そして、K君がなぜ多くの生徒たちから絶大な信頼と人気を獲得しているのか、その理由がまた一つ分かったように思います。

でも、K君、物理を生徒に教えることに熱中する余り、授業時間を30分以上もオーバーするのは、もう少し控えてね(苦笑)。。。




スポンサーサイト
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 「東大ダイレクト」塾長の「愉しき人生山アリ谷アリ」 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。