FC2ブログ
人生はいつ見ても波乱万丈。「東大ダイレクト」塾長にして文理開成高校理事長の四方山話。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
小学校、中学校、高校生活で「自ら考え、行動する」ことの大切さとは?
2014-01-24 Fri 15:11
今日は、私が理事長として経営再建に携わっている文理開成高校(千葉県鴨川市)の鈴木朝雄校長によるFacebookの投稿を紹介したいと思います。

文理開成高校の再生に当たり、教育方針をどうするか?が一番重要なことだったのですが、校長も私もこの方針にしようということですんなり合致しました。

「自ら考え、自ら行動し、自らの人生を切り拓く人間の育成」

私たちは学校の役割について、

生徒たちがより幸せな人生を送ることができるように、その準備を任されている場所

と考えています。

そして、一人一人の国民が幸せに生きている国こそ、最強の国家であると確信しています。

即ち、わが国をより良い国にしていくために欠かせない人財の育成にも繋がると考えているのです。

では、これからの時代に生きる生徒たちが、本当に幸せになるためには何が必要なのか?

私たちなりに考え、到達した答えが、この教育目標なのです。

「自ら考え、自ら行動し、自らの人生を切り拓く人間の育成」

これが意味するところを、世界的に著名な政治学者であり社会学者でもあるハンナ・アーレントがナチス最重要幹部の一人であり、ユダヤ人大量虐殺の首謀者でもあるアイヒマンを引き合いに語っていることを紹介しつつ、鈴木校長は考察しています。

どうぞじっくりお読みください。

(以下、鈴木朝雄校長のFacebook文理開成高校ページでの投稿)
===============================
最近「ハンナ・アーレント」の話題をちらほら聞く。

代表作としての、『イェルサレムのアイヒマン』を忘れてはいけない。

アドルフ・アイヒマンというナチス親衛隊隊員の事について書かれた裁判記録です。

彼は、ドイツのナチス政権による「ユダヤ人問題の最終的解決」(ホロコースト)に関与し、数百万の人々を強制収容所へ移送するにあたって指揮的役割を担った。

彼は、戦時中ガス室によるユダヤ人虐殺に関し、「強いショックを受けたこと」や「正視できなかったこと」を強調しているが、裁判を通じてアイヒマンはドイツ政府によるユダヤ人迫害について「大変遺憾に思う」と述べたものの、自身の行為については「命令に従っただけ」だと主張した。この公判時にアイヒマンは「一人の死は悲劇だが、集団の死は統計上の数字に過ぎない」という言葉を残した。

ハンナ・アーレントは、アイヒマンを極悪人として描くのではなく、極普通の小心者で取るに足らない役人に過ぎなかったと描いた。

後に、ギュンター・アンデルスは「アイヒマン問題は過去の問題ではない。我々は誰でも等しくアイヒマンの後裔、少なくともアイヒマン的世界の後裔である。我々は機構の中で無抵抗かつ無責任に歯車のように機能してしまい、道徳的な力がその機構に対抗できず、誰もがアイヒマンになりえる可能性があるのだ。」と言っている。

ハンナ・アーレントは、誰もがアイヒマンになりえる可能性を示唆するに、
『与えられた「規則を従順に守らせる」ことだけを目的とし「なぜ?どうして?」と考えることは体制に対する批判である』
とした、ナチス体制が生み出した産物であり、それに対抗する手段として「考えることで、人間は強くなる」ととしている。

このことは、現代においても、初中教育現場において、「校則を守る事」が優先され、考える事をさせない、まさに第二のアイヒマンが生まれる地盤がそこにはあるのです。

私達は、「自ら考える」「自ら行動する」、アイヒマンの悲劇を繰り返さない、学校(文理開成高校)を作っています。
http://bunri-kaisei.com/schoolinfo.html

===========================
スポンサーサイト
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
新年に思うこと
2014-01-15 Wed 18:19
つい数日前に2014年が幕開けしたと思ったら、もう半分が過ぎてしまいました。

この調子だと、2014年もあっという間じゃないかと少々恐怖感に襲われますが、まあ、気を取り直して、一日、一日をしっかり過ごすことだと自分に言い聞かせております。

さて、年頭に当たり、今年はこんなことを書いてみたので、今回はそれをご紹介したいと思います。

=====================

明けましておめでとうございます。

2014年です。新しい1年が開幕しました。

昨年、当社は、極めて重要な新しい挑戦を始めました。

「文理開成高校(千葉県鴨川市)の経営再建スポンサーとして、同校を再生・再建させる。
そのために、当社の学校経営力と運営力の総力を結集させる。」

という挑戦です。

破綻まで追い詰められた学校(学校教育法で定められた「第1条校」)を再生するというその挑戦は、前代未聞に近く、当初から厳しいことが予想されていましたが、幸いにも校長としてわが国の教育行政に大きな功績を残した鈴木寛元文部科学副大臣の実弟であり、政務秘書官として鈴木副大臣を支えた鈴木朝雄先生をお迎えすることができ、また和田理事長を始めとする八洲学園関係者の献身的なご協力と千葉県や鴨川市を始めとする地域の皆さまの温かいサポートを得られたこと、そして当社の東大ダイレクトからは多数の現役東大生ボランティアによる補習補講を実施できたこと、等により、文理開成学園の経営は何とか最悪期を脱し、徐々に明るい兆しが見えてきました。

私も同学園の理事長に就任し、その再生再建に全力を尽くしております。

勿論、まだまだ予断を許さない状況に変わりはありませんが、わが国の地方における中等教育の現場を再生するという大切な社会的使命を果たすべく、今年も一歩ずつ確実に前進してまいります。

(詳細については、文理開成高校のHPを参照。http://bunri-kaisei.com

また、当社は2010年の創業以来、以下のビジョンを掲げてまいりました。

「学校の運営に係る各種業務を受託し、高品質な学校運営サービスを成果報酬型の圧倒的な低コストで全国の学校に提供、わが国の教育に貢献する」

これについても、当社のビジョンを理解し、ご賛同頂ける地方自治体との連携を模索し、一日も早く具体的な成功事例を打ち立てるべく、今年も全力を尽くしてまいります。

今年、当社は創業5年目を迎えます。

わが国の礎となる「教育」の更なる「質」の向上に向け、引き続き挑戦を続け、社員全員で力を合わせ、大きな成果を手に入れる1年にしたいと思います。

そして、やるからには、真剣に、真面目に、そして「楽しく」やりたいと考えています。

人間は幾つになっても、成長することが無上の喜びであり、「楽しむ」ことが何よりもその近道だと私は信じているからです。

当社の挑戦を引き続きご支援頂きますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

皆さんにとっても、どうか今年が最高の1年となりますように、心からお祈り申し上げます。

2014年1月吉日

鈴木 淳 拝

================

今年は、「楽しむ」才能に磨きをかけようと思います!

どうぞよろしくお願いします!
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 「東大ダイレクト」塾長の「愉しき人生山アリ谷アリ」 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。