FC2ブログ
人生はいつ見ても波乱万丈。「東大ダイレクト」塾長にして文理開成高校理事長の四方山話。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
上村愛子さんの清々しさ
2014-02-13 Thu 16:30
ソチオリンピックが開幕し、様々な選手の活躍が連日報道されています。
時差の関係から日本はどうしても真夜中(というよりも未明に近い)の放送となってしまい、眠い目をこすりながらTV観戦されている方も少なくないのではないでしょうか?

昨日は待ちに待った日本待望の初メダル獲得の朗報も聞こえてきました。やっとメダルが取れて、少し安心したのは私だけではないでしょう。スノーボードのハーフパイプ、15歳で銀メダルを獲得した平野歩夢選手と18歳で銅メダルを獲得した平岡卓選手には心から拍手を贈りたいと思います。

一方で、あと一歩のところでメダルに届かずに涙を飲んだ選手もいます。

私が最も強く印象に残っているのは、やはり女子モーグルの上村愛子選手です。

最期の一人の選手を残して上村選手は3位のポジションでした。

この選手が上村選手の点数に届かなければ上村選手は悲願のメダル獲得となるはずでしたが、結果は皆さんもご存知の通り、上村選手の点数を上回り、上村選手は4位に終わったのです。

上村選手の決勝での滑走は、本当にすばらしい滑りでした。

今回でオリンピックからの引退を表明している上村選手にとって、最期のオリンピック滑走。

そして、本人も納得の「会心の滑り」だったのです。

上村選手自身、納得の滑りができたことに感動して、滑走直後から涙が止まらなかったほどでした。

そして、最期に滑走して銅メダルに滑り込んだ米国選手の滑走は、素人目にはとても上村選手のそれを上回るとは思えないものだったこともあって、周囲は判定を巡りザワつきました。

しかし、一番くやしいであろう上村選手はとても立派でした。

彼女は自身のブログでこう総括しています。

(以下、上村愛子選手のブログから引用)
=======================
みなさん、こんにちは。

モーグルを初めてから20年が経った今年
東京での20年に一度の大雪の日に
私のソチオリンピックが終わりました。

オリンピックまでの道のりでいただいた沢山のサポートやご声援
当日の早朝までのご声援、本当にありがとうございました。

メダルにはあと一歩届かず、皆さんにメダルを持ち帰る事が出来ないのは
残念で仕方がありませんが、オリンピックという最高の舞台の決勝戦で
何度も何度も最高の滑りができた事、魔法がかかったみたいだと思って
います。そして、本当に清々しい気持ちで一杯です。

コースの中でそれをやったのは自分自身なのですけれど、みんなの想いや
これまでの練習の積み重ねとか、身体の調整や、色んなものが繋がって
最後の最後まで自分を支えて力をつないでくれたんだと思っています。

私のオリンピックメダルへの5回の挑戦は。
7、6、5、4、4位。でした。

結局メダルは最後まで取れなかったけれど
5大会連続で、後退する事無く進んだこの成績を
私は誇らしく感じています。

そして、ここまで支えてくれた全ての人達へ
感謝の気持ちで一杯です。

前を向いて、目標に向かって進める時間を与えてもらえた
この人生に感謝しています。

オリンピックは、苦しい事も悔しい事も悲しい事も
悩みを与えられる場所でもあったけれど
壁を乗り越えようと前進する力や、その先にある達成感
そして、皆と心が一つに繋がれる奇跡をも与えてくれる場所でした。

後輩や皆に、胸を張って言えます。
「オリンピックは、素晴らしい場所だよ!」

そう思える今日を迎えられて幸せです。


所属会社の北野建設、スポンサー関係者の皆様、用具関係者の皆様
JOC、SAJの皆様、コーチの皆、トレーナーの皆、先生、清原さん、飯田さん
大好きなチームメイトの皆、先輩方、後輩の皆、練習をサポートしてくれた皆
ソチの会場を作ってくれた関係者の皆さんとソチのボランティアの皆さん
長期にわたりモーグルを取り上げてくださっているメディアの皆さんと
モーグルに興味を持って応援してくださった皆さんに心から感謝します。

家族親族のみんなと友人、モーグルファンの皆さん
縁があった全ての皆様に、本当にありがとう。

                          2014,2,10 上村愛子
=====================================

スポーツを通じての人間形成。スポーツの持つ力。

上村選手はそれを具体的に私たちに提示してくれました。

これからの上村さんの活躍の場はモーグルに止まらないと思いますが、どこであろうと、彼女ならきっと大丈夫でしょう。

これからの上村愛子のますますの活躍に期待したいと思います!

上村愛子さん、本当におつかれさまでした。

そして、感動と清々しさをありがとう。

同じ日本人としてあなたを誇りに思います。


スポンサーサイト
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<スキージャンプ葛西選手の涙 | 「東大ダイレクト」塾長の「愉しき人生山アリ谷アリ」 | 小学校、中学校、高校生活で「自ら考え、行動する」ことの大切さとは?>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 「東大ダイレクト」塾長の「愉しき人生山アリ谷アリ」 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。