人生はいつ見ても波乱万丈。「東大ダイレクト」塾長にして文理開成高校理事長の四方山話。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
日本の将来を考える視点
2014-03-31 Mon 18:26
私は銀行員としてのバックグラウンドがあるので、教育に限らず、金融や経済にも関心があります。
先日、世界的に著名な投資家であるジム・ロジャース氏が日本経済についてこんなコメントをしている記事を目にしました。平成25年度を終えるにあたり、今日はこの記事を紹介したいと思います。

「20年後から現在を振り返った時、安倍首相という人物は、日本経済を破壊するとどめを刺した張本人として語られているに違いありません。日本人は早くそのことに気づくべきではないでしょうか。」

彼によれば、アベノミクスは日本にとって致命傷となる劇薬であり、日本社会を根底から破壊する可能性がある政策だというのです。

人口の減少、急速な高齢化、そういった根本的な社会問題に対して「移民受け入れ」等の抜本的な対応策を講じることなく、貨幣を増刷し、円安に誘導し、マーケットを一時的に活性化させる一方で、消費税や社会保険料を上げ、さらに無駄な社会資本整備に邁進する政策こそがアベノミクスであり、それは、日本国民の生活にとってメリットよりもデメリットの方が大きいと主張しています。

ロジャース氏のメッセージは、政治が大切にするべきは、国民生活を豊かにすることであって、その逆ではないだろう、ということだと理解しました。

岐路に立っている日本社会。

その一つの視座として、参考になる記事を紹介しますので、ぜひともご一読ください。

↓↓↓(↓をクリックしてください)
ジム・ロジャース氏インタビュー 「日本経済に何が起きるのか、教えましょう」
スポンサーサイト
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<言葉の持つ力 | 「東大ダイレクト」塾長の「愉しき人生山アリ谷アリ」 | 高校生はスポーツか?勉強か?>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 「東大ダイレクト」塾長の「愉しき人生山アリ谷アリ」 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。