人生はいつ見ても波乱万丈。「東大ダイレクト」塾長にして文理開成高校理事長の四方山話。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
2020年東京オリンピック・パラリンピックと鴨川市
2014-07-30 Wed 20:20
先日、私の学校がある千葉県鴨川市が主催する、ある会合に呼ばれました。

その名も、「東京オリンピック・パラリンピック鴨川市対策推進本部会議」!

固くて、長い名前ですが、まあ、要約すると、

鴨川市は東京オリンピック・パラリンピック開催を全力で応援しますよ~

色々な運動施設やトレーニングセンターや温泉や宿泊施設を提供しますよ~

だから、ぜひそういう街として、指定してください!

という話です。

鴨川市を中心とする安房地域は、千葉県の南部ですが、過疎化が進展する地域で、とにかく人口を増やそう、そのために何でもやろう!という長谷川市長の熱いリーダーシップの下、頑張っているわけです。

私も学校の経営者としてその会議の発起人メンバーに選んでいただいたということでして。

市が作成したペーパーには、これまでの取り組み、現状、課題、そして今後のスケジュール、ということで色々と書いてあったのですが、そのなかで私が注目したのは、

「通訳ボランティアの育成」

の一言でした。

会議後半、議長役の長谷川市長から「何かご意見ありますか?」と聞かれたので、サッと手を挙げて発言しました。

「2020年には、たぶん、通訳ボランティアなんて殆ど不要だと思います。だって、そのころには、スマホの翻訳アプリが大きく進化を遂げて、通訳の代わりを立派に務めているに違いないからです。」

「鴨川市が他の都市に比べてユニークな取組をローコストで行うためには、その前提として、ITテクノロジーの発達をある程度予測して、それを取り込んだ内容と計画を立てることが重要だと思いますが、みなさんはどう思われますか?」

と最後は、メンバーみなさんに質問まで投げかけてしまった次第です。

でも、このブログの読者のみなさんはどう思われますか?

ちなみに、鴨川市が作成した資料には「ITテクノロジー」の記載はゼロでした。。。。。

道のりは険しく長いかもしれません。。。。

でも、ベストを尽くします!

スポンサーサイト
別窓 | 体験談 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<民事再生手続終結 | 「東大ダイレクト」塾長の「愉しき人生山アリ谷アリ」 | 人気TVドラマ 「GTO」>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 「東大ダイレクト」塾長の「愉しき人生山アリ谷アリ」 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。