人生はいつ見ても波乱万丈。「東大ダイレクト」塾長にして文理開成高校理事長の四方山話。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
昨日の我に今日は勝つべし
2014-10-29 Wed 14:18
私が最も尊敬し、最も身近な経営者に楽天を創業し、発展を続ける三木谷浩史さんがいます。

先日、その三木谷さんから最新の自著「楽天流」という本を頂戴しました。

常識を打破し、既存のルールを書き換えることが今の社会では必要であり、それこそ劇的な成功につながる、ということを様々な経験と視座に基づいて書いておられる本です。

全てのページから三木谷さんの熱い想いが迸り、読む側のテンションも上がる本でした。

そのなかで、幾つか強く印象に残る記述があったので、これから少しづつ紹介していきたいと思います。

今回は、「昨日の我に今日は勝つべし」。

これは、江戸時代の剣士が書いた剣術指南書に書かれた一文で、三木谷さんが知人から聞いたものだそうです。

三木谷さん曰く、「この一文は、改善の考え方を美しく表現している。一晩で偉大な人物に成長するのではなく、毎日少しずつ良くなっていこうとするのが改善であり、そのような改善の積み重ねが成功への道を開くのだ。」

三木谷さんは数字を使って分かりやすく、説得力ある記述もされています。

「誰かに「一晩で天才になってくれ」と言うのはまったくナンセンスな話だ。しかし、誰かに「毎日少しずつ改善してください」と言ったとしよう。1年後、どんな結果が得られるだろうか。10年後、そして全キャリアを通じて毎日、改善の習慣をつづけたとしたら、改善をしなかったときと比べて、圧倒的に大きな差がつくはずだ。
 数字に置き換えればよくわかる。毎日1パーセントの改善を1年間つづけると、パフォーマンスは1.01倍を365乗した値まで向上する。その答えは、37.78だ。毎日、たった1パーセントの改善を1年か続けるだけで、パフォーマンスがスタート地点の37倍を超えるのだ。」

毎日1パーセントだけ昨日の自分に勝つ日々を1年間過ごすと、なんと40倍近い成長が得られるという数字には、驚くほかありません。

三木谷さんは、こう言います。

『「常に改善、常に前進」、このコンセプトを実践すれば、平凡な人でも非凡な人になれる。ただし、僕の言う非凡な人とは、「ひらめき」によってすばらしい考えや、それを実現する方法が魔法のように頭の中に浮かんでくる人物のことではない。(中略)普通の人も、決断力を身につけ、十分に集中し、改善をつづけていけば、非凡な人になれるのだ。』

と。

これは、一度きりの人生、自分がどこまで成長できるのか、やれるだけやってみたいと思う人にとって、素晴らしいエールになると思います。

私も、改めて「昨日の自分に今日、勝つ」毎日を過ごしていこうと意を強くしました。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 「東大ダイレクト」塾長の「愉しき人生山アリ谷アリ」 | 民事再生手続終結>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 「東大ダイレクト」塾長の「愉しき人生山アリ谷アリ」 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。