FC2ブログ
人生はいつ見ても波乱万丈。「東大ダイレクト」塾長にして文理開成高校理事長の四方山話。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
初恋の思い出
2012-07-19 Thu 11:09
父の海外赴任で、オーストリアの地方都市に住み始めたのが1979年、私が12歳のときだったわけです。

海外子女として色々と体験したわけですが、そのなかに初恋の思い出も含まれています。

彼女の名前はVanessa。

私よりも一つ年下のオーストリア人でした。

彼女と知り合ったのは、1981年の夏。私たち兄弟3人でイタリアの海沿いにある避暑地でのサマーキャンプに向かう団体列車の中でした。

たまたま、彼女と仲の良い女の子と知り合いで、その子が紹介してくれたのです。

私は初めてVanessaと握手をしたときから、もう緊張しっぱなしでした。

仕方ありません。14歳のウブな少年だったし、それに何といっても、Vanessaがすっごく可愛かった!

「私、日本人の男性を見るのは初めてよ。ううん、東洋人の男性と知り合いになるのが初めて」

と、彼女は私に語りかけてくれました。

「とても真っ直ぐな黒い髪の毛なのね」

オーストリアに来てから、金髪のクルクルした髪の毛の友人たちに囲まれて生活して、すっかり「金髪」コンプレックスだった私にとって、この一言でどんなに驚いたことか!

私はすっかりVanessaに惚れてしまったのでした。。。。

それからのサマーキャンプは3週間ほど続くのですが、どれほど楽しい3週間だったか、今でも思い出すとニヤニヤしてしまいます。

Vanessaとの恋物語は、続きますが、今回はサワリ程度で。。。。

スポンサーサイト
別窓 | 体験談 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<語学習得の近道! | 「東大ダイレクト」塾長の「愉しき人生山アリ谷アリ」 | 短所を直すより長所を伸ばせ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 「東大ダイレクト」塾長の「愉しき人生山アリ谷アリ」 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。